日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

ヘルス・ケア

パソコンの腱鞘炎で腕が痛むときは病院でどんな治療を受けるのか?

投稿日:

パソコン腱鞘炎で腕が痛い

細やかな手作業を行う人に多い腱鞘炎
特に女性に多いのですが、作業量が極端に多いと男性にも起こります。

最近では、お仕事でパソコンを使う人に多い「パソコン腱鞘炎」というものが増えているとか・・・。

こんな記事を書いている僕も、過去にパソコン腱鞘炎になったことがあります。

今回は、そんな僕の「パソコン腱鞘炎体験記」をお送りしたいと思います(笑)

手首や腕が痛くてパソコン作業が困難になってしまった方。

「何となく腕や手首が痛いなぁ・・・」という方。

そんなあなたの参考になれば幸いです。

最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

パソコンの腱鞘炎で腕が痛くなる理由

長時間のパソコン作業が連日のように続き、手首を動かすと強い痛みが走る。

そしてその痛みを放置しておくと、次第にの方まで痛みの範囲が広がってくる。

そんなパソコン腱鞘炎、どのような原因で起こってしまうのでしょう?

腱鞘炎のメカニズム

最初に知っていただきたいのが、筋肉の仕組みについてです。

これが分かると、なぜパソコン腱鞘炎になってしまったのかが理解できますからね!

え~と、
筋肉って基本的に骨にくっついているんですね。
で、筋肉が収縮することで骨(関節)が動くようになってます。

この筋肉が骨にくっついてるあたりの部分。
ここを「腱」といいます。

そして腱のまわりは、「腱鞘」という組織に包まれているんです。

例えるなら
腱が「列車」で、腱鞘が「トンネル」のようなイメージ。

腱鞘炎とは
なんらかの原因で検証の内径が狭くなり、腱がスムーズに動けなくなってしまった状態。

列車の例で言うと
何らかの原因でトンネルの中が狭くなって、列車が通行できなくなってしまったということ。

何となくイメージつきますか?

狭くなった腱鞘の中で腱が無理やり動くので、それが痛みとして体に現れる。
これが腱鞘炎の正体です。

腱鞘炎になる直接の原因は?

では
「何らかの原因」って、どんな原因なんでしょう?

腱鞘炎になってしまう1番の原因は「オーバーユース」
平たく言うと「使い過ぎ」です。

パソコンのキータッチやマウスの操作のように、手首や指先を使いすぎることで腱鞘炎は発生します。

パソコンの操作なんて、そんなに手や腕の力を使ってないように思えますよね?

それでも同じ動作を繰り返すことで、腱鞘に負担がかかってしまうんです。

また、パソコンを操作する姿勢が悪くても腱鞘炎になる可能性が・・・!

本来、人間の動作って
どんなに小さな動きでも、体の各部を連携して動いているんですね。

キーボードを叩くという小さな動きに関しても、指・手首・腕・肩と、細かな連携が行われています。

でもパソコン作業時の姿勢が悪くなると全身をうまく連携できないので、指や手首にばかり負担がかかってしまうんです。

あと、その逆のパターンも考えられます。

指や手首など末端の部分が疲れてしまい、腕や肩に負担がかかってしまうパターンですね。

疲れてしまった指や手首を休ませるために、無意識に腕や肩の筋肉が頑張ってしまう・・・。

このパターンに陥ってしまうと
最初は手首だけが痛かったのに、腕や肩まで次第に痛みが連鎖してしまいます。

パソコンで腱鞘炎になったら病院は何科?

パソコンで腱鞘炎

僕の経験から言うと
キーボードを叩くのもシンドイくらいの痛みがあるのなら、マッサージやストレッチなどで解消しようとせず、すぐに病院に行くべきです。

もちろん、「何となく疲れて動かしづらいなぁ」程度であれば、ストレッチやマッサージも効果はあると思います。

でもマッサージやストレッチは、痛みの改善というよりは「予防」と考えた方がいいでしょう。

ではパソコン腱鞘炎になって、いざ病院に行くとなると何科を受診すればいいのか?

答えは整形外科です。

腱鞘炎だけではなく
筋肉や関節に痛みがある時は、まずは整形外科を受診します。

病院でしっかりと診てもらうために

で、実際に病院に行ったら、当然しっかり診察して欲しいじゃないですか?

どんな病気や症状にしても、チャチャっと診察されてチャチャっと診断名言われて、チャチャっと薬だけ出されて帰されると、「この先生、大丈夫かな?」なんて不安になりますもんね。

僕もいろんな病気やケガで病院に行ったけど、こういう先生が多すぎて・・・。

「本当にちゃんと診てくれてんのかよ~!」
なんて思っちゃうんですね・・・。

こういう「やっつけ仕事」的な診察を回避するには、こちらから積極的に情報を提供するのが一番なんです!

今の痛みに対して、その詳細をできるだけ詳しくこちらから説明する。

病院での診察

そうすると、先生もしっかりと診てくれる!

僕の経験からすると、この方法が一番!

例えば・・・

◇いつから痛くなったのか?

◇何をしている時にいたくなったのか?

◇どうすると痛みが強くなるのか?

◇逆に、どうすると痛みが軽くなるのか?

このような情報を、聞かれる前にすべて先に話しちゃう。

痛みに関する詳しい情報は、医師が診断・治療をする際の材料になります。

なのでこちらから全部話しておけば、診断の精度も上がるはず!

そんな風に考えています。


スポンサーリンク

パソコンの腱鞘炎はどんな治療になるのか?

そして最後にお伝えしたいのが
「パソコン腱鞘炎になったら、どんな治療が施されるのか?」
ということ。

パソコン腱鞘炎の症状改善で一番重要視されるのは「安静」なんです。

使いすぎて痛みが出たんだから休ませる。
というわけなんですね。

でも、ただ休ませるだけでは回復が遅いので、痛み止めの薬や炎症を抑える薬、シップなどが処方されます。

安静と薬の処方で、ほどなく痛みも回復するでしょう。

ただ・・・

「仕事の都合で早急にでもパソコン作業をしなくちゃならない!」

・・・っていう人だってたくさんいるはず。

僕の場合も、そんな状態でした。

「早急に痛みをなくして、すぐにでも職場でパソコン作業しなくちゃ!」

そんな人にとって
「薬を飲んで安静に」
なんてできませんよね?

で、僕の場合はどうしたかというと・・・
医師にその旨を伝えました。

「どうしても作業の手を止められないんです!」ってね。

そうすると先生は
「あくまでも応急処置だからね」
といって、痛み止めの注射を打ってくれました。

手首に打たれたんで、メッチャ痛かったけど・・・。

でも、その注射が効いたのか
何となく違和感は残っていたけど
なんとかパソコン作業を継続することができました!

「応急処置」と先生は言ったけど
その後は通院することなく、注射1本で治ったんです!

ラッキーでした!

僕と同じようなパソコン腱鞘炎の方が、同じような治療で確実に治るかは疑問ですが、痛みの詳細や仕事の状況など、遠慮せずに話をした方がいいのは間違いないと思いますよ!

パソコン腱鞘炎の痛みや治療に関するまとめ

いかがでしたか?

個人的な体験談ですが、パソコン腱鞘炎で悩むあなたのお役に立てればウレシイです!

最後になりますが
慢性的な肩こりなども、パソコン腱鞘炎の原因になることがあります。

疲れを感じたら無理をせずに休養を入れたり、プロのマッサージ師さんの施術を受けるなどで、痛みの再発を防ぐようにしたいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-ヘルス・ケア
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足つぼマッサージ

足つぼって本当に効果あるのか?痛いところは悪いところ?

足つぼマッサージ、みなさんは受けたことありますか? 「気持ちよくて大好き!」 という人もいれば スポンサーリンク 「あんな痛いの、絶対にイヤだ!」 という人もいるかもしれませんね。 足つぼマッサージっ …

風邪で筋肉痛

風邪でツラい筋肉痛が起こる理由|その対処に市販の薬は有効か?

季節を問わず 体調や環境によって感染してしまう風邪。 「ここ一番」ってタイミングで風邪をひいてしまうと 本当に落ち込んでしまうものです・・・。 僕も何年かに一度 思いっきり風邪をひいてしまいます。 ス …

肩こり

肩こりと眼精疲労の関係|病気の可能性やオススメの運動

スポンサーリンク 常にパソコンのモニターと向き合うデスクワーク。 みなさん、肩こりや眼精疲労に悩んでいるようですね。 肩こりも眼精疲労も両方ツラい方って ふたつの症状に何らかの関係があると なんとなく …

紫外線で目が充血

紫外線から目を守る方法|充血や病気のリスクを減らそう!

よく晴れた日の外出中に目が痛くなる。 鏡を見てみると、目が真っ赤に充血?! これって紫外線が関与している可能性があります。 紫外線の強い季節って どうしても真夏のイメージがありますが 実は年間を通して …

ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎのマッサージの効果!そのやり方とプロ的なコツ

ふくらはぎのマッサージが体にいいと言うけど 実際にどのような効果を期待することができるのでしょう? 体に良くて手軽に短時間でできるのなら ぜひ、日々の習慣に取り入れたいところです。 今回は、ふくらはぎ …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村