日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

人気のスポット

屋久島にトレッキングに行くならこんな服装!持ち物はレンタルできるものも!

投稿日:2017年9月6日 更新日:

屋久島

最近は「山ガール」なんて言葉も流行するほど、アウトドアにハマる女性が増えているようです。

自然って、やっぱり僕たちを癒してくれます。
僕もストレスを感じたら、まずは自然をたくさん感じられる場所に行きますしね!

中でも、圧倒的に素晴らしい場所が屋久島。

あのジブリ作品「もののけ姫」の舞台のモチーフになった場所と考えられている場所です。

そんな屋久島にトレッキングに出かけたい!

でも、トレッキングは初めて・・・。

そんなあなたは、ぜひ最後までご覧ください!

屋久島へトレッキングに行く際の最適な服装や持ち物についてお話しています!

スポンサーリンク

屋久島へトレッキングに行く時の服装はコレ!

世界自然遺産にも認定されている、鹿児島県の屋久島。
九州本土からもさらに南へ60㎞離れた島です。

場所が場所だけに、暖かい南の島というイメージがあるかもしれません。

そのようなイメージから、屋久島へ軽装でトレッキングに向かってしまう方も多いのですが、これが実は大間違い!

屋久島と言えば「縄文杉」「白谷雲水峡」
これらのスポットって、標高の高い場所にあるんです。

だから、想像以上に涼しい!

いや!
涼しいというか・・・
休憩時間に汗がひいてきたりすると、むしろ寒いくらいの体感になるんです!

特に「黒味岳」あたりは、標高1831mに位置しているので、年間の平均気温は9℃くらいになるんです。

これは北海道の札幌や函館と同じくらいの気温ということ。

体を冷やさないためにも注意が必要ですね。

特に秋の行楽シーズンを利用して屋久島にトレッキングを予定しているあなた!

急激な気温の変化には十分に注意してくださいね!

トレッキングウェア選びのコツ

秋ごろに屋久島にトレッキングに行くのなら、服装選びは慎重に行いたいところ。

歩いている時と休憩している時とでは、体温に大きな変化が現れてしまいます。

そのような状況に対応するためには、重ね着をすることが一番大切になってきます。

つまり、屋久島にトレッキングに行くのなら、重ね着を考えたウェアを選ぶべき。

実際にどのように重ね着したらいいのか?
ひとつの例をお伝えしていきますね!

上半身ウェアの一例

まず上半身のウェアですが、3枚重ね着することをオススメします。

インナーとアウターの間に、もう一枚ウェアを着ておくということですね。

インナーは速乾性のものにしましょう。
綿などの素材のものよりも化学繊維のものが好ましいです。

 

スポーツ用品店でも多くの種類が販売されています。

アウターは、万が一の雨や風から身を守るために必要。
トレッキング当日、どんなに天気がよかろうと、アウターは必ず忘れないでくださいね。

アウターを選ぶときは、防水性透湿性がキーポイントとなります。

ゴアテックスを採用した、軽くて動きやすいものがベストですね!

 

そして、インナーとアウターの間に着るウェアは、おもに体温調整を行うため必要となります。

歩き出して暑くなったら脱いで、休憩時間には体が冷える前にサッと着る。

これに適した素材はフリースです。
フリースなら保温性も高く、手軽に着たり脱いだりできますからね。

下半身ウェアの一例

よくデニムやコットンのパンツなどでトレッキングに出かける肩を見かけますが、これは絶対にオススメできません!

デニムやコットンは乾きが悪いので、汗で体を冷やしてしまう恐れがあるから。

また生地自体も重く、伸縮性も良くないので、動いていてすごく疲れてしまうんです。

トレッキングに行くのなら、専用のトレッキングパンツが一番!

 

軽くて動きやすいですからね!

特にトレッキング初心者こそ、疲れないためにも良いウェアを選びましょう!

もちろんインナーも必要!

 

下半身のインナーの役割は防寒だけではありません。
専用のインナーは、足の部位によって着圧が調整されているので、歩く動きをサポートしてくれるんです!

普段歩き慣れていない人ほど、インナーはしっかりしたものを選んだ方が良いですね!

そして靴下は、足への負担を軽減するためにも、少し厚手のものを選びましょう!

屋久島トレッキングにあると便利な持ち物

服装の次は持ち物(装備)ですね。

持ち物に関しては、必ず必要になってくるものと、あると便利なものの2種類に分かれます。

ひとつづつお話をしていきますね!

必ず必要な持ち物(装備)

ストック

屋久島を下る際に特に必要になります。

登山でもそうなんですが、下りってすごく膝に負担がかかるんです。
現に膝の悪い方って、上り階段よりも下りの方がツラい。

ストックがあれば膝への負担を軽減できるし、歩行時のバランスを取るためにも非常に便利です!

水筒

水分補給のために水筒は欠かせません。

ただ屋久島には天然の水場がいくつもあるので、小さめの水筒で十分でしょう。

帽子

紫外線対策はもちろんのこと、万が一気温が下がった時の防寒にも役に立ちます。

グローブ

ゴム製のすべり止めが付いた軍手でもOK。

足場の悪い場所に遭遇した際、周りの木や岩につかまって歩く場合があります。

手を滑らせたり、傷つけてしまうのを防ぐために必要です。

屋久杉

ビニール袋

山中で出たゴミを持ち帰るのに必要。

あると便利な持ち物(装備)

携帯トイレ

本当に万が一のためです(笑)

トイレの数も少ないし、日程によってはすごく混雑する場合もあります。

また環境省でも携帯トイレの使用を推奨しており、道中には携帯トイレを使用するためのブースが設置されています。

デジカメ

これはやっぱり必要ですよね!

たくさんの思い出をたくさんカメラにおさめてくださいね!

腕時計

携帯やスマホが圏外になるので、正確な時間を把握するためには腕時計が必要になります。

絆創膏

万が一の擦り傷や切り傷の時のために持っておきましょう。


スポンサーリンク

屋久島のトレッキングでレンタルできる持ち物

ここまで見てみると、トレッキング初心者にはけっこうな重装備ですよね?

準備だけでなにかとお金もかかりそう・・・。

一生に一度は行ってみたい屋久島だけど、今後トレッキングを続けるかどうかも決まっていないし・・・。

そんなあなたには、レンタルが最適!

借りられるものはすべてレンタルでまかなって、必要最低限な装備で行くっていうのも楽しみ方のひとつです。

おすすめのレンタルショップは「レンタルの山下」

ザックやレインウェアはもちろんのこと。シューズやハットまで安く貸してもらえます。

特にストックなんか、登山やトレッキングをしなくなったら、他に使い道がないですもんね(笑)

詳細はレンタルの山下公式ホームページで!

トレッキング初心者や、もっと手軽に屋久島を楽しみたい方にはオススメです!

屋久島トレッキングを楽しむためのまとめ

いかがでしょう?

初めての屋久島トレッキングを快適に楽しむための参考になれば幸いです!

トレッキングって、けっこう近場でも楽しいものです。
東京からだと奥多摩なんかも良いですし、気軽に登山を楽しむなら高尾山も最高ですしね!

でもやっぱり、屋久島は別格!

神々しいまでの大自然に、魂から癒されてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-人気のスポット
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

遊園地

よみうりランドの乗り物は小さな子供も楽しめる?アトラクションや割引情報!

東京・稲城市にある「よみうりランド」 僕も子供の頃に何回も遊びに行きましたが 今ではすっかり老舗の遊園地ですね。 休日や夏休みを利用して 家族みんなでよみうりランドへ! なんて、考えている方も多いんで …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村