日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

季節のイベント

お彼岸の墓参りはいつまでに?行けない時は?お布施は必要?

投稿日:

お彼岸の墓参り

みなさんはお彼岸やお盆の時期に、お墓参りに行きますか?

僕はできる限り、スケジュールを調整していくようにしています。

僕個人にしてみると
先祖のお墓や亡くなった猫ちゃんのお墓って、僕にとって唯一無二のパワースポットのような感じなんです。

お墓参りをして、少しだけお話をして。

そうするだけで
なんか元気になれるというか・・・。

自分の悩みなんて些細なことだって認識できる。

そんな気持ちになれるのって、僕だけかな・・・?

今回のテーマは、お彼岸のお墓参り。
お彼岸の期間を改めて確認して、家族みんなでお墓参りに行きませんか?

もし様々な都合で、お彼岸の期間中にお墓参りに行けそうにないという人も、僕がお寺で教えてもらったお話だけでも聞いてくれるとウレシイです!

また、お墓参りの際の「お布施」についてもお伝えしています。

ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

お彼岸の墓参りはいつまでに行けばいい?

まずはお彼岸の期間についてです。

お彼岸は、「春の彼岸」と「夏の彼岸」と年に2回あります。
今年(2017年)で言うと
春の彼岸は3月17日~3月23日まで。
秋の彼岸は9月20日~9月26日までとなっています。

お彼岸の期間の覚え方は
春なら春分の日、秋なら秋分の日をはさんだ、その前後の3日間。
合計7日間と覚えると簡単で思い出しやすいですね。

春分の日は3月20日。
秋分の日は9月23日。

それぞれの前後3日間がお彼岸の期間になります。

というわけで
2017年の秋の彼岸は
9月20日~9月26日ということ。

ちなみに
お彼岸の期間の初日(9月20日)を「彼岸の入り」
最終日(9月26日)を「彼岸のあけ」
真ん中の秋分の日を「中日」と呼びます。

春の彼岸なら、春分の日が「中日」になります。

つまり、この7日間に行くことが、一般的な「お彼岸のお墓参り」ということになります。

お墓参りは、ご家族全員で行きたいもの。
家族みんなが元気で仲良く過ごせていることを報告すれば、個人やご先祖様もきっと喜んでくれるはず。

また子供たちにとっては、親がお墓参りをしている姿を見ることで、お墓参りのしきたりや先祖を祀る大切さを学ぶことでしょう。

お彼岸のお墓参りに持参したいもの

お墓参りの持ち物として忘れてはいけないもの。
それは「お線香」と「ろうそく」です。

もちろん、ろうそくに火をつけるマッチやライターも必要。

僕が子供の頃には
お線香に火をつけるときは、必ずろうそくの火でつけるようにと言われました。

ライターなどで直接、お線香に火をつけてはいけないとのこと。

また、ろうそくやお線香にともった火を消す時も、息を吹きかけて消すと怒られましたね。

これは無作法にあたるとか。

このようなちょっとした作法って、大人になっても記憶しているものです。

話が少々ズレてしまいましたね・・・^_^;

お墓参りの持ち物に話を戻します!

お線香をお供えする道具がそろったら、お花やお供え物も持っていきましょう。

お供え物はお菓子や果物、またはお酒などが多いようですが、我が家の場合はお参りが終わったら必ず持ち帰るようにしています。

お墓を管理するお寺さんから聞いたのですが
お供えの食べ物や飲み物を目当てに、夜な夜なお墓に不審な人物が現れるとか・・・!

お寺さんにご迷惑をおかけしないためにも、我が家ではお供え物は必ず持ち帰ります。

あとは、ちょっとしたお掃除道具。
軍手、コンビニ袋、タオル、ブラシなどを持参しますね。

墓石やその周囲が汚れていると、やっぱり申し訳ない気持ちになるので。

お彼岸にお供え

お彼岸の期間に墓参りに行けない時は?

なかにはお仕事やご家庭の都合で、お彼岸の期間中にお墓参りに行けない方も多いことでしょう。

決して故人の事を忘れたわけではないし、ご先祖様を敬う気持ちをなくしたわけでもない。

ただただスケジュールの調整が難しく、どうしてもお彼岸の期間に墓参りに行くことができない・・・。

僕も正直、お墓参りに行けないことが、すごく心残りになることがあります。

いつだったか、お世話になっているお寺のご住職に、そんな自分の気持ちをぶつけてみたことがあります。

ご住職いわく
大切なのは真心。
心の中に故人やご先祖様の存在を常に感じて
感謝の気持ちを忘れなければ大丈夫。

そうおっしゃっていただけました。

そして、どうしてもお彼岸の期間にお墓参りできないのなら、お彼岸が明けてからでも構わないし、それも無理なら家の仏壇の前で掌を合わせるだけでも問題ない。
とのことでした。

心の中に常に大切な人たちがいて
常に感謝の心を持ち続ける。

それだけでも
心がほっこりとして
幸せな気持ちになれるものです。


スポンサーリンク

お彼岸の墓参りにお布施は必要か?

お彼岸のお墓参りの際にちょっと気になること。

それが「お布施」です。

日頃からお世話になっている菩提寺に対して、何かしらの心配りが必要なのかなって・・・。

でも、ただお墓参りをするだけだったら、お布施は必要ありません。

例えば
お寺が開催するお彼岸の合同法要に参加したり、個別に法要をお願いする場合はお布施は必要になります。

単にお墓参りをしてそのまま帰るだけでしたら、お布施は必要ないんです。

ちなみに法要のお布施の金額ですが

合同法要であれば3000円~10000円。
個別の法要の場合は30000円~50000円くらい。

僕の祖母は、お墓参りの際にお寺さんにご挨拶に行って手土産を渡していました。
ですので、何かしらの気持ちを伝えたいのであれば、お布施ではなく手土産で十分だと思います。

お彼岸の墓参りに関するまとめ

いかがでしたか?

お彼岸のお墓参りに関する不安を、少しでも解消してもらえてたらウレシイです!

毎日の仕事の忙しさに、不本意ながらお彼岸やお盆の時期が来たことに気づかないことがあります。

そんな時、周囲の年配の方たちの会話を聞いて
「あぁ、もう彼岸の時期か・・・」
なんて思い出させてもらったりして。

こういうタイミングって
季節の移ろいを感じるだけでなく
人生を振り返るタイミングでもあるのかな・・・?
なんて。

今年も感謝の気持ちを込めて
お墓参りにいきたいなと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節のイベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

潮干狩りをする子供

潮干狩りの時の子供の持ち物|服装は?年齢は何歳から?

五月の子供の日も終わり 次にやってくる子供たちのビッグイベントは やっぱり潮干狩りになるのでしょう! 今回は 子供を連れて潮干狩りに行く際の持ち物や、子供の服装。 さらに 潮干狩りデビューに適した年齢 …

着物で初詣

初詣は着物でデートしよ!防寒対策と着崩れの防止策

お正月には様々なイベントがありワクワクしますよね。 中でも初詣は日本人なら大多数の人が神社へお参りに行くのではないでしょうか? スポンサーリンク 近年は着物ブームということもあって、京都では着物を着た …

お盆のお供え

お盆のお供えは旦那の実家へも必要か?その値段やのしの書き方

お盆の時期に実家へ帰省。 スポンサーリンク 自分の実家なら、のんびりと過ごせるかもしれませんが 旦那さんの実家となると、そうもいきませんね・・・。 お盆という時期が時期だけに いろいろと気を使わなけれ …

七夕はそうめん

七夕にそうめんを食べる意味は?かわいい飾りや薬味レシピもご紹介!

7月7日は七夕。 織姫と彦星が天の川を渡って 年にたった1度だけ会えるという日。 私たちも七夕飾りを作ったり 短冊に願い事を書いたり 楽しい行事のひとつでもあります。 どんな行事にも、その日に食べる定 …

お中元を断る

お中元のマナーとして断る場合は?お断りは手紙で?やめる気持ちを伝える

日本にあるお中元という風習 昔に比べれば贈る人も減っているのかもしれませんが それでも毎年欠かさずに贈っている方もいることでしょう。 スポンサーリンク ただ 家庭の環境の変化や、お付き合いする相手が変 …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村