日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

ヘルス・ケア

妊娠中にマッサージを受けちゃダメなの?いつからOK?禁忌のツボは?

投稿日:

妊娠中のマッサージ

縁あって、新たな命をお腹に宿したママさん!

この度はおめでとうございます!

体調には十分に注意して
元気な赤ちゃんを出産してくださいね!

体調と言えば
妊娠中には様々な体調の変化が起こります。

体の不調を感じた時には
もしかしたらマッサージを受けたくなるかもしれません。

「少しだけ肩を圧してくれたら・・・」

「5分だけでも腰をマッサージして欲しい・・・」

そう感じることもあるかもしれませんね。

でも、妊娠中はマッサージを受けても大丈夫なのかしら・・・?

「妊婦はマッサージを受けたらダメって聞いたような・・・?」

この辺り、けっこう曖昧ですよね。

今回は妊娠中のマッサージについて
現役のマッサージ師である管理人がお話します。

スポンサーリンク

妊娠中のマッサージはダメなのか?

妊娠中の女性に多いトラブルと言えば
悪阻(つわり)を中心にさまざまなものがあります。

それでも
肩こりや腰痛、足のむくみなどに関しては
マッサージが非常に有効です。

「でも、妊娠中にマッサージって大丈夫なの?」

このような心配を抱える妊婦さんて、すごく多いんです。

本当はマッサージで体をほぐしてもらいたいんだけど
なんとなく妊娠中はマズイような・・・
妊婦はNGって誰かに聞いたような・・・

僕は長い臨床経験の中で
多くの妊婦さんのマッサージを施してきました。

つまり、いくつかの条件はあるけれど
妊娠中でもマッサージはOK!ということです。

「それなら、すぐにでもマッサージを受けたい!」

そんな妊婦さんもいることでしょう。

でも、慌てないでください!

マッサージと言えど
大切な赤ちゃんとママの体を守るために
マッサージ院選びは慎重に行って欲しいのです。

そのために
マッサージ院を予約する際に
次の事柄を必ず確認してください!

マッサージの予約時に確認すべきこと

マッサージ院を予約する時には
「そちらには国家資格を持ったマッサージ師はいますか?」
と問い合わせてください。

必ずです!

現在、街中にあるマッサージ店では
国家資格を持たずに働いている方が山ほどいます。

日本の法律上、マッサージを施しても良いのは
「医師」と「あんまマッサージ指圧師」のみ。

確かに
国家資格を持っていなくても
マッサージの上手な方はいらっしゃいます。

でも
「車の運転が上手だから無免許で運転しても良い」わけじゃないですよね?

国家資格を持ったマッサージ師は
最低限の解剖学、生理学、臨床医学、病理学は心得ています。

安全にマッサージを受けるためにも
必ず確認してくださいね。

妊娠中のマッサージはいつから大丈夫?

では
妊娠中のマッサージって
いつから受けても大丈夫なのでしょうか?

まず妊娠初期の段階。
この時期では、マッサージは控えた方が安全です。

ママの体も赤ちゃんの体も
まだまだ不安定な時期です。

つらくてマッサージを受けたいかもしれませんが
もう少しだけ我慢してくださいね。

妊婦さんが安全にマッサージを受けるなら
いわゆる「安定期」に入ってからの方が良いでしょう。

一般的な安定期とは
妊娠から16週0日~27週6日をさします。

5か月から7カ月の時期ですね。
この頃になれば、もうマッサージを受けても問題ありません。

ただ、体調には十分に注意てください。

いくら安定期に入っていたとしても
いつもに比べて体調が悪いようであれば
その時はマッサージを受けるべきではありません。

例え予約当日であっても
決して無理をせず、キャンセルをお願いしましょう。


スポンサーリンク

妊娠中のマッサージで禁忌のツボ

東洋医学における経穴
いわゆる「ツボ」と呼ばれているものですが
一般的に妊婦さんに対しては禁忌であると考えられているものもあります。

もしご自身でツボ圧しやマッサージをするのであれば
次のふたつのポイントは避けて下さいね。

まずひとつは肩井(けんせい)です。

肩井

肩のラインの、ちょうど中心辺りに位置しています。

肩こりだけでなく
冷え性やむくみの改善にも効果が期待できるツボです。

ツラい肩こりをお持ちの方は
ググッと圧したくなるポイントですよね~。

でもこの肩井を圧すのは
無時に出産を終えるまでガマンしてくださいね。

もし、どうしても肩こりがツラくなったら
首と肩の付け根辺りのポイントを
背中側から胸の方に目がけて圧すといいですよ!

もうひとつ
妊婦さんに圧してはいけないとされるツボは三陰交(さんいんこう)

三陰交

本来であれば
婦人科系特有の症状に効果が高いツボなんですが
妊娠中だけは禁忌とされています。

三陰交は、すねの骨の内側のラインにあるのですが
妊娠中は、このラインへの強い刺激は避けた方がいいでしょう。

足のむくみや重だるさが気になるのであれば
足首やふくらはぎをしっかりとマッサージするようにしましょう。

妊娠中のマッサージの疑問に関するまとめ

いかがでしたか?

マッサージや指圧って
肩こりや腰痛に効果を発揮するだけでなく
内臓などにも影響を与えるんです。

それだけ効果の高いものなので
マッサージ院を選ぶときは慎重に選びたいところです。

妊娠中のママに体調の変化があると
お腹の中の赤ちゃんは、それに対して敏感に反応します。

大切な赤ちゃんが安心するように
体調の管理には十分に注意してくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-ヘルス・ケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食中毒

食中毒に家族が感染したら|嘔吐物の処理やトイレの対応

食中毒に感染してしまった時 もちろん本人もツラいのですが もっと心配なこともあります。 スポンサーリンク それが、家族への二次感染です。 万が一、食中毒に感染した場合 大切な家族が感染しないように ど …

腰痛とストレス

腰痛とストレスの関係|女性こそ対策!寝過ぎも原因に?

慣れない運動や重作業をしたリ デスクワークや車の運転などで発症する腰痛。 スポンサーリンク 原因が思い当たるのであれば、まだいいのですが 思い当たる節のない腰痛だと ちょっと心配になりますよね? まさ …

体温が低い

体温が低いとこんな影響が!低体温の理由と上げるための生活術

みなさんはご自身の平熱を把握していますか? 体温が低い人は 体にいろいろな悪い影響が出てしまうことが分かってきています。 健康的な人の体温は36.5~37.1度くらい。 日常的に体温が36度以下の人は …

肩こり

肩こりと眼精疲労の関係|病気の可能性やオススメの運動

スポンサーリンク 常にパソコンのモニターと向き合うデスクワーク。 みなさん、肩こりや眼精疲労に悩んでいるようですね。 肩こりも眼精疲労も両方ツラい方って ふたつの症状に何らかの関係があると なんとなく …

紫外線で目が充血

紫外線から目を守る方法|充血や病気のリスクを減らそう!

よく晴れた日の外出中に目が痛くなる。 鏡を見てみると、目が真っ赤に充血?! これって紫外線が関与している可能性があります。 紫外線の強い季節って どうしても真夏のイメージがありますが 実は年間を通して …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村