日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

ヘルス・ケア

汗をかくとダイエットになるのか?かかない原因と関係する病気

投稿日:

汗をかかない人

この夏、理想のボディを目指して
ダイエットに挑戦している人も多いでしょう。

キレイに痩せるためには
食事制限だけでなく、適度な運動が効果的とか。

体を動かして汗をかくって、とっても気持ちの良いものです!

でも、中には
たくさん体を動かしているのに
あまり汗をかかない人もいます。

やっぱり、たくさん汗をかかないと
ダイエット効果が出ていないってことなんですかね?

今回は
汗の量とダイエット効果の関係についてです。

また、汗をかきづらいことの原因や
それにまつわる病気のお話もしています。

汗をかきづらいというみなさん。
ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

汗をかく事でダイエット効果はあるのか?

真夏の暑い日は、じっとしていても
じわりじわりと汗をかいてしまうもの。

ちょっと動くだけでも、汗がダラダラ流れてきます。

ダイエット目的で運動をする人だと
たくさん汗をかいたことで、脂肪が燃焼したようにも感じます。

「これだけ汗をかいたから、体重も少し落ちただろう」

そんな風に思うかもしれません。

逆に汗をかきづらい体質の人は
いくら激しい運動をしても、ほとんど汗をかかずに
「汗が出ないからダイエット効果がないかな・・・?」
なんて思うかもしれませんね。

でも実はこれって、勘違いなんです。

汗の量とダイエットの効果って
まったく関係ないんですね。

汗をかくことの意味

私たちが汗をかくのは
あくまでも体温を調整するため。

暑い日であれば、自然と体温も上昇するし
運動をすれば、筋肉から熱が産生されます。

また、食事をしたときなんかも
肝臓から熱が作り出されます。

これらのことで体温が上がったときに
体温の上がり過ぎを防ぐために汗をかくんですね。

だから
ダイエットのためにたくさん運動をして
ほとんど汗をかかないからと言って
ダイエット効果がないのか?と言えば
それは全くの別問題。

汗の量とダイエット効果は、まったく関係ないんですね!

汗をかくと気持ちがいいですよね?
そうすると
体重が落ちたり、脂肪が燃えたりしている気にもなるんですが
汗には燃焼した脂肪は含まれていません。

汗をかくということは
単純に体の水分が外に出ていっているだけのことなんです。

汗だくでダイエット

汗をかかない原因は?

では、汗をかきづらい人でも
運動によるダイエット効果はあるのか?

基本的には
同じ運動をすれば、同じだけのカロリーを消費します。

汗をかく人でも、かきづらい人でもね。

汗の量と消費カロリーは関係ありませんから。

運動による消費カロリーは変わらないんですが
それでも汗をかきづらい人の方が
ダイエットの効果は少ないと考えられます。

今から、その理由をお伝えしますね。

汗をかきづらい人は〇〇が少ない?

汗をかきづらい人の大半に
「体温が低い」という特徴があります。

汗をかかない原因は、低体温にあると言っていいでしょう。

つまり
汗をかきづらい人は低体温だからこそ
ダイエット効果が少ないと考えられます。

ではなぜ
体温が低い人は、高い人に比べて痩せづらいんでしょう?

それは
体温が低いと、基礎代謝量が少ないから。

基礎代謝量とは、簡単に言ってしまえば
じっとしていても消費するカロリーの量。

人間は特に運動をしなくても
ただ生きるための機能を働かせているだけども、カロリーを消費します。

それが基礎代謝です。

つまり、基礎代謝量が多い人の方が太りづらいし
基礎代謝量が少ない人は痩せづらい。

汗をかきづらい人のほとんどが
体温が低いので、基礎代謝量が少ない。

ですので、汗をかきづらい人の方が
ダイエット効果が出にくいというわけなんです。

低体温の原因

では、体温が低くなる原因を考えてみましょう

私たちの体が熱を産み出すのは
筋肉の働きによるものが大きいです。

そして、筋肉の量が多ければ多いほど
たくさんの熱を産み出すことができます。

つまり運動不足が原因で筋肉の働きも少なく
さらに筋肉がやせ細っていくことが
低体温の原因として考えられます。

また、食生活や睡眠が不規則だったり
ストレスなどで自律神経が乱れたりしても
体温は低くなってしまいます。

喫煙をする習慣のある人は
タバコによって末梢血管が収縮してしまうことで
血行が悪くなって体温も低くなります。


スポンサーリンク

汗をなかなかかかない病気もある

運動不足や生活習慣によって
体温が上がらずに痩せづらい体になってしまうのですが
それらの原因以外にも
体温が低くなってしまうことがあります。

その代表的なものに
甲状腺機能低下症という病気があります。

甲状腺機能低下症とは?

甲状腺機能低下症は
甲状腺という臓器が持つ、ホルモンを分泌する機能が低下する病気。

甲状腺は代謝を促進するホルモンを分泌するんですね。

代謝を促進するホルモンが
甲状腺の機能低下によって正常に分泌されなくなるので
必然と代謝量が少なくなってしまう。

この病気の症状は以下のようなもの。

【甲状腺機能低下症のおもな症状】

〇全身症状
(寒がりになる、低体温、疲れやすい、体重増加、月経異常など)

〇消化器症状
(食欲減退、便秘)

〇循環器症状
(脈が遅くなる、息切れ)

〇皮膚症
(乾燥、脱毛、硬いむくみ)

〇神経や筋肉の症状
(こむら返りなど)

〇精神症状
(記憶障害、話し方がゆっくりになる、活動性低下)

甲状腺機能低下症は特に重篤な病気ではなく
甲状腺ホルモン薬を投与すれば、日常生活に使用が出ることはありません。

汗とダイエットの関係についてのまとめ

いかがでしょう?

今回のお話をまとめると

  • 汗の量とダイエット効果は無関係
  • 汗をかきづらいのは体温が低いことが原因のひとつ
  • 体温が低いということは基礎代謝量も低い
  • 基礎代謝量が低い人は痩せづらい傾向にある

ということになります。

低体温はダイエットを妨げるだけでなく
いろいろな病気のリスクにもなり得ます。

少しでも低体温の状態を改善させて
美しく、健康的に過ごしていきたいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-ヘルス・ケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紫外線で目が充血

紫外線から目を守る方法|充血や病気のリスクを減らそう!

よく晴れた日の外出中に目が痛くなる。 鏡を見てみると、目が真っ赤に充血?! これって紫外線が関与している可能性があります。 紫外線の強い季節って どうしても真夏のイメージがありますが 実は年間を通して …

お風呂

熱中症の症状の時の風呂はOK?夏の風呂も原因?のぼせとどう違うの?

真夏の時期に注意しなければいけない熱中症。 めっきり夏の平均気温も高くなった昨今では 熱中症に注意しなければいけないのはお年寄りだけでなく 元気な子供や若い人たちも同じこと。 特に活発な子供たちは 初 …

ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎのマッサージの効果!そのやり方とプロ的なコツ

ふくらはぎのマッサージが体にいいと言うけど 実際にどのような効果を期待することができるのでしょう? 体に良くて手軽に短時間でできるのなら ぜひ、日々の習慣に取り入れたいところです。 今回は、ふくらはぎ …

風邪で筋肉痛

風邪でツラい筋肉痛が起こる理由|その対処に市販の薬は有効か?

季節を問わず 体調や環境によって感染してしまう風邪。 「ここ一番」ってタイミングで風邪をひいてしまうと 本当に落ち込んでしまうものです・・・。 僕も何年かに一度 思いっきり風邪をひいてしまいます。 ス …

体温が低い

体温が低いとこんな影響が!低体温の理由と上げるための生活術

みなさんはご自身の平熱を把握していますか? 体温が低い人は 体にいろいろな悪い影響が出てしまうことが分かってきています。 健康的な人の体温は36.5~37.1度くらい。 日常的に体温が36度以下の人は …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村