日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

子供の教育

七夕の由来を子どもにもわかりやすく!短冊を書く理由|なぜ竹に飾る?

投稿日:

七夕の織姫と彦星

最愛の人と遠く引き離され
年に一度しか会うことを許されない・・・。

あなただったら、どんな気持ちになりそうですか?

そんな切ない背景のある「七夕」
とってもロマンティックな日なんだけど
織姫と彦星の気持ちを自分自身に当てはめると
胸が張り裂けそうになりませんか・・・?

多くの経験を重ねてきた大人なら
「言わずもがな」で、察することができるけど
これを子供たちに説明しようと考えると
どのように伝えればいいのか・・・?

子供たちの思考は純粋なので
大人では考えもつかない質問を投げかけたりしますしね。

そんなわけで今回は
七夕の由来を子供たちにもわかりやすく説明できるよう解説します。

そして、子供たちから出そうな質問

「どうして願い事を書くの?」

「どうして竹に飾るの?」

こんな時、あわてずに
自信を持って答えられるような知識もお伝えします!

特に保育園や幼稚園の先生!
ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

七夕の由来を分かりやすく子どもに説明しよう

日本には1年の間に5つの節句があります。

すなわち・・・

  • 人日【じんじつ】の節句(1月7日)
  • 上巳【じょうし】の節句(3月3日)
  • 端午【たんご】の節句(5月5日)
  • 七夕【しちせき】の節句(7月7日)
  • 重陽【ちょうよう】の節句(9月9府)

それぞれ行事を行い、その日にちなんだ食べ物をいただいて
家族の成長や幸せ願います。

つまり七夕も
ひな祭りや子供の日と同じ扱いになるんです。

そう考えると
とっても大切な日に思えてきます。

五節句それぞれ由来はあるのですが
七夕の由来は、いくつかの風習や逸話、行事などが
ごちゃ混ぜになって現在に至るようです。

それぞれひとつずつ見ていきましょう。

乞巧奠(きこうでん)

中国で昔から伝えられている風習。

お裁縫の技術が上達するようにと
祈りをささげる行事なんです。

あまり聞いたことのない行事ですが
日本にも乞巧奠は伝わっていて
裁縫以外にも書道
また、芸事の上達を祈願する行事になっています。

棚機(たなばた)

棚機は秋の豊作を祈願する日本の行事。

豊作を祈願する神様にお仕えする選ばれた女性を
棚機女(たなばたつめ)といいます。

棚機女は織物を織る技術に優れていて
棚機女が使織物の機械を「棚機」と呼んでいました。

七夕伝説

私たちが知っている、もっとも有名な七夕の逸話。
織姫と彦星の物語ですね。

おさらいまでに、その内容をお話すると・・・

神様の娘である織姫は
その名の通り織物が得意で働き者。ある日、神様の引き合わせによって
彦星という青年と出会います。彦星は牛飼いで、織姫と同じくとっても働き者。
出会った二人は、まもなく恋に堕ちることになります。

ところが・・・

お互いを深く愛しすぎてしまったのか
夫婦生活を優先してしまった二人は
結婚直後にまったく働かなくなります。

怠惰な二人の生活に怒った神様は
織姫と彦星を天の川の両岸に引き離します。

そして1年間、今までのように懸命に働くのなら
年に1回だけ、会うことを許そう・・・と。

その1年に1度の日が、7月7日の七夕ということですね。

子供たちに、どう説明するか?

これらの3つの行事や逸話がミックスされ
現在の七夕という形になったわけです。

さてさて・・・

これらの七夕の由来を
子供たちに、どう説明するか・・・?

まぁ、
「裁縫の技術の上達を祈願する」とか
「秋の豊作を祈る」とかは
大人になってから知ればいいわけですから。

肝心なのは
織姫と彦星のお話を、どうやって伝えるかですよね?

まさか
「仕事もしないで毎日毎晩・・・♡」
なんてこと、子供たちには言えないですしね(笑)

僕は思うのですが
この織姫と彦星のお話って
子供に受け取って欲しい大事なメッセージが2つあると。

ひとつは
「遊んでばかりだと、大切なものを失ってしまう」ということ。

そしてもうひとつは
「家族や友達と会える大切な日に感謝する」ということです。

つまり、このふたつのポイントさえ伝われば
大人になってからも大切な財産として記憶に残ってくれるかなって。

そんな風に考えています。

子供たちにお話してみよう!

そんなことを踏まえた上で
僕だったら、こんな風に子供たちにお話します。

むかしむかし、お空の上に
織姫というキレイな女の子がいました。

織姫は、お裁縫(機織り)が得意で
毎日毎日、一生懸命働いていました。

そんな織姫はある日
牛飼いのお仕事をしている彦星という男の子と出会います。

彦星も織姫と同じように
毎日真面目に働く頑張り屋さん。

やがてふたりは
一生懸命頑張るお互いの事が大好きになり
めでたく結婚することになりました。

ところが・・・

ふたりは仲が良すぎてしまい
いつも一緒に遊んでばかり。

結婚する前は、あんなに働き者だった二人は
今ではまったくお仕事をしなくなってしまったんです。

すっかり怠け者になった二人に対して
神様は大変怒りました!

そして二人を反省させるために
天の川をはさんだ両岸に引き離してしまったんです。

離れ離れになってしまった織姫と彦星は
悲しくて寂しくて仕方ありません。

そんな二人に神様は
「これから毎日真面目に働くなら、年に1度だけ会わせてあげよう」

そんな風にお話になりました。

神様の言葉を聞いた織姫と彦星は
今まで以上に一生懸命働くようになりました。

7月7日・・・
七夕の日に会えることを待ちわびて・・・

いかがでしょう?

七夕の天の川

七夕で短冊を書く理由はなぜ?

冒頭でお伝えした乞巧奠(きこうでん)のお話。

憶えてますか?

日本では乞巧奠は
裁縫や書道、芸事の上達を祈願する行事
ということでしたね。

短冊に願い事を書くことのルーツは
実はこの乞巧奠にあるようです。

短冊って本来は願い事を書くものではなく
江戸時代の寺子屋で「習字の上達」を目的としたものだったんです。

習字の練習と
上達を神様にお願いする。

そんな形が、願い事を短冊に書く始まりだったようです。

僕だったら子供たちに
「お願い事を大人になってもずっと忘れないように」
そんな風に説明しますね!


スポンサーリンク

七夕の短冊はなぜ竹に飾るの?

では
なんで短冊を竹に飾るんでしょうか?

竹って昔から神聖なものとして扱われていたようです。
なんでも、笹の葉のこすれ合う音は
神様を招くと考えられているようですしね。

竹って、とにかく強いじゃないですか?

その強度から、いろいろの道具の材料として使われたり
気候の変化にも負けないし、繁殖力もすごく強い!

そのような理由から
願い事を吊るすのに用いられてきたのではないでしょうか。

・・・って
こんなこと、子供たちに話してもしょうがないですね(笑)

だから子供たちに話す時は

「タケノコって、一日に30センチくらい伸びるんだよ~!」

「どんどん伸びて、願い事が神様に届きますように!」

そんな伝え方が良いのではないでしょうか?

七夕の由来に関するまとめ

いかがでしょう?

「遊んでばっかりいないで勉強しなさい!」

「毎日ゲームばっかりやって!」

そんな不満を抱えているママさんも多いかと思います。

七夕の日を機会にお話をして
さりげなく子供たちに大事なことを伝える。

そういう時間も大切かもしれませんね。

子供は物語として話を聞くと
意外と成長しても憶えているものです。

想いをこめて、優しくお話してあげてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事⇒七夕が終わったら短冊はどうしたらいいの?

関連記事⇒七夕の日はオススメの絵本を読み聞かせよう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-子供の教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

将棋

小学生の習い事は将棋がトレンド!学ぶ事の効果|教室はネットでも!

最近、小学生の習い事で 将棋がひそかにブームになっているとか・・・。 その火付け役は みなさんご存知の、あの若き天才棋士の存在でしょう。 僕は今では、時々チェスで遊ぶ程度ですが 小学生の頃は祖父とよく …

小学生の習い事

夏休みは小学生に習い事をさせよう!おすすめと月謝の相場

みなさんは子供さんに なにか習い事をさせていますか? 私が子供の頃の習い事と言えば そろばんや習字 空手や野球 そしてお金持ちの家の子は、ピアノというのが定番でした。 最近はヒップホップダンスを習う子 …

読書感想文の書き方のコツは?

読書感想文を小学生が書くコツ!構成の書き方と出だしの大切さ

夏休みの宿題と言えば 自由研究、ドリル、日記など。 スポンサーリンク そしてなかなか面倒なのが読書感想文ですね。 特に、普段あまり本を読まない人にとっては できればやりたくない宿題のひとつなんじゃあり …

子供のお寺修行

夏休みは小学生を修行へ!お寺でのスケジュールや費用は?

僕は一日のスケジュールの中に 「座禅」というもの取り入れているんです。 「座禅」というか、「瞑想」というか。 これを行うことによって 心がとても安らかに落ち着いて 軸がブレることなく一日を過ごすことが …

夏休みは子供とイベントへ

夏休みはイベントを子供と一緒に横浜で!ランチや乗り物もお得に!

夏休みのプラン、もうお決まりですか? 夏休みはパパやママにとっても 子供たちと触れ合える貴重な時間ですね。 まぁ、そのぶん 大変なことも多いんですがね・・・(笑) でも、せっかくだから 子供たちと一緒 …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村