日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

季節のイベント

お盆の迎え火っていつ焚くの?やり方は?マンションの場合は?

投稿日:

お盆

故人やご先祖様が
年に1度だけ我が家に戻り
家族と一緒に過ごすお盆。

心温まる日本の習慣のひとつですね。

大切なご先祖様が
無事に我が家に戻れるように
お盆の迎え火はしっかりと行いたいところ。

お迎え日を焚く日や、そのお作法についてお伝えします。

素敵なお盆を迎えられるよう
ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

お盆の迎え火はいつ焚けばいいのか?

お盆の時期って
地方によって多少のズレがあるようですね。

ただ全国的には
8月13日から16日の4日間
お盆の行事を行う地域が多いようです。

私の住まいは神奈川県なのですが
やはり8月13日から16日にお盆を行います。

まぁ、同じ地域に住んでいるからと言って
出身地が違えばお盆の時期も違うのかもしれませんが・・・。

私の家では、祖父母の代からこの時期にやっています。

お盆と言えば、まずは迎え火からスタートです。

盆提灯に明かりを灯し、お迎えの火を焚いて
ご先祖様が道に迷わぬようにお迎えします。

迎え火を焚くのは、13日の夕方
お仕事で帰宅が遅くなるご家庭でしたら
13日の夜でも構いません。

この日から16日までの4日間は
無事に帰ってこられたご先祖様には
自宅でゆっくりと過ごしていただく訳ですね!

そして16日の夕刻から夜にかけて
今度は送り火を焚きます。

「元気でね!また来てね!」

そんな気持ちを込めて、ご先祖様をお見送りしましょう!

お盆のお飾り

お盆で迎え火を焚くやり方

それでは、お迎えの儀式のやり方を解説します。

盆の入りの前日、つまり12日の夕方から13日の午前中までに
お仏壇をキレイにお手入れします。

ご先祖様へのお供えお盆飾りも、しっかり用意しておいてくださいね!

そして、いよいよ13日。
迎え火を焚いていきます。

まずは玄関先に盆提灯を灯します。

そして素焼きの「ほうろく」というお皿の上に
「おがら」を折って積み重ね、火を灯します。

ほうろくは、迎え火や送り火専用のお皿なんですが
我が家では使用していない平たいお皿で火を焚いています。

おがらとは、麻の皮をはいだ後に残る芯の部分の素材。

燃えるおがらの火と煙を道しるべに
ご先祖様はご自宅に戻ってこられるわけですね!

合掌してお迎えしましょう。

迎え火のやり方は、これだけでも十分。

ここからは、我が家に代々伝わる方法です!

おがらと一緒に、玄関でお線香も焚きます。
そして道に迷わぬよう、さらにお鈴(おりん)も鳴らします。

お先祖様からしてみたら
「そこまでやらなくても帰れるっちゅうねん!」
と思っているかもしれませんがね・・・(笑)

そして、遠方はるばる戻られるご先祖様がにご足労をかけないために
精霊馬(しょうりょうま)をご用意します。

精霊馬とは、きゅうりやナスで作る馬や牛のお供えです。

ご先祖様は精霊馬に乗って帰宅され
また、あの世に戻られるんですね。

歩いて行き来するのも大変なので
精霊馬は必ず用意します。

本当はリムジンでも用意したい気持ちですが・・・(笑)

この精霊馬
置く時の向きに注意してください!

迎え火の時は家の中にお迎えするので
精霊馬の頭を家の中に向けます。

そして送り火でお送りする際は
精霊馬の尾を家の中に向けます。

これで精霊馬も、迷うことはないでしょう!


スポンサーリンク

お盆の迎え火はマンションではどうしたら?

マンションなどの共同住宅の場合だと
迎え火や送り火を焚くのも難しい場合があるかもしれません。

防災上の問題や、近隣にご迷惑がかかってしまっては
いろいろと問題になってしまいますからね。

マンションなどの場合は、無理におがらを焚かずに
盆提灯だけでも問題ありません。

盆提灯の明かりを目印に
ご先祖様はちゃんと帰ってきてくれます。

本来の盆提灯は
中のろうそくに火を灯して使用するものなんですが
今は電気で灯すタイプのものがあります。

これだったら火を使わずに安心ですね!

お盆の迎え火のまとめ

ご先祖様や故人とのんびり過ごしたお盆も終わり
再びお別れの日がやってきます。

8月16日の夜です。

この日は送り火を焚いて
ご先祖様の帰り道を照らしてさしあげましょう。

送り火の焚き方は、迎え火の時と同じです。

また来年のお盆まで
しばしのお別れです。

それでも
みなさんやそのご家族と一緒に過ごした4日間は
ご先祖様にとっても素晴らしい日々になったことでしょう。

みんなの元気な姿を見て
安心して帰られたことでしょうね。

ご先祖様の温かいお気持ちに包まれるお盆。

人間は決して一人じゃないって
そんな風に感じられる素敵な行事だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節のイベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お中元を断る

お中元のマナーとして断る場合は?お断りは手紙で?やめる気持ちを伝える

日本にあるお中元という風習 昔に比べれば贈る人も減っているのかもしれませんが それでも毎年欠かさずに贈っている方もいることでしょう。 スポンサーリンク ただ 家庭の環境の変化や、お付き合いする相手が変 …

お盆のお供え

お盆のお供えに現金は失礼か?先方に仏壇のない時は?のしの書き方は?

冠婚葬祭のマナーって 意外と知らないことも多いんですよね。 季節は夏。 お盆の時期に入りました。 スポンサーリンク お盆のお供えに関しても どうしたらいいのか分からないこともあります。 旦那もイマイチ …

横浜開港祭の花火

横浜開港祭の花火の混雑状況|穴場スポットは?有料席は?

横浜市民のみならず 多くの人たちが楽しみにしている横浜開港祭! 2017年の日程が決定しました! スポンサーリンク そのメインイベントは 何と言っても花火! 横浜市民にとってなじみの深かった、神奈川新 …

七夕に横浜でデート

七夕のデートは横浜で!食事はどこで?もし雨が降ったら?

年に一度 七夕の日にしか会うことを許されない二人。 織姫と彦星 二人にとっての愛おしい日に 大好きな人と横浜でデートしませんか? きっと素敵な夜になるはず・・・。 横浜での七夕デート オススメのプラン …

七夕はそうめん

七夕にそうめんを食べる意味は?かわいい飾りや薬味レシピもご紹介!

7月7日は七夕。 織姫と彦星が天の川を渡って 年にたった1度だけ会えるという日。 私たちも七夕飾りを作ったり 短冊に願い事を書いたり 楽しい行事のひとつでもあります。 どんな行事にも、その日に食べる定 …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村