日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

ヘルス・ケア

紫外線から目を守る方法|充血や病気のリスクを減らそう!

投稿日:

紫外線で目が充血

よく晴れた日の外出中に目が痛くなる。

鏡を見てみると、目が真っ赤に充血?!

これって紫外線が関与している可能性があります。

紫外線の強い季節って
どうしても真夏のイメージがありますが
実は年間を通して影響しています。

特に紫外線の影響が強い時期は、5月から7月にかけてですが
天候によっては、春や秋にも紫外線が強くなる日があります。

そんな紫外線から目を守るためにはどうしたらいいのか?

外出する機会の多いお仕事の方や
晴れた日の屋外スポーツが好きな人にとっては
非常に大切な問題になってきます。

紫外線による目の充血や痛みを感じたらどうしたらいいのか?

また、このまま紫外線を浴び続けることで
将来的に眼の病気になることはないのか?

目と紫外線の関係についてお話していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

紫外線から目を守るために

紫外線の影響というと
シミやそばかすなど、肌への影響ばかりが思い浮かびます。

しかし、実は
目の方にも大きな影響を与えているんです!

とは言っても
目はもともと、紫外線を防ぐ力を備えています。

ですので、通勤時間等で多少紫外線を目に受けたとしても
特に大きな影響を与えるわけではありません。

問題なのは、長時間にわたって強い紫外線を浴び続ける事です。

冒頭でもお話したように
日射しの強い中でスポーツをする方や
外でお仕事をする機会が多い方は
長時間、強い紫外線を浴びることが多くなると思います。

そのような方は積極的に
紫外線から目を守るための対策をしなければいけません。

紫外線を防ぐ方法で、一番手軽なのがサングラスですね。

紫外線から目を守るためにサングラスを選ぼうとすると
レンズの色が濃いものを選んでしまいそうです。

でも、サングラスの色の濃さと紫外線カット効果は
特に関係はないんです。

ではサングラスを選ぶ際に
どの部分に注目したらいいのか?

それは紫外線透過率という数字です。

この数字が低ければ低いほど
紫外線をカットする性能が高いということ。

例えば
「紫外線透過率0.2%以下」という表示があるのなら
それは「紫外線を98%以上カットできますよ」という意味。

紫外線対策でサングラスを選ぶときには
紫外線透過率をしっかりとチェックしてみましょう。

サングラスで紫外線カット

紫外線で目は充血するのか?

でも、なんで紫外線が原因で眼が充血するのでしょう?

目の白目の部分を覆う膜を結膜といいます。
一見すると分からないのですが
結膜には多くの血管が通っています。

そして結膜の血管は
何らかの刺激を受けると拡張するんですね。

血管が太くなるんです。

太くなった血管は浮き上がって見えます。
これが充血なんですね。

では、どのような刺激で結膜の血管は拡張するのか?

例えば細菌ウィルス
花粉なども結膜を刺激してしまいます。

花粉症の症状に、目のかゆみや充血がありますもんね。

そして今回のテーマである紫外線も
長時間受け続けることで結膜を刺激してしまうんですね。

なので、紫外線が原因で目が充血することがあるというわけです。

やはりサングラスで、しっかりと保護する必要がありますね。


スポンサーリンク

紫外線が原因で起こる目の病気

紫外線が目の結膜を刺激してしまうことは分かりました。

では、このまま目に紫外線を受け続けることによって
目の病気になってしまう可能性は出てくるのでしょうか?

これは十分に起こり得る話です。

スキーやスノボをされる方は、もしかしたら経験があるのかもしれませんが
雪に紫外線が反射して、目が痛くなったりすることがあります。

これは紫外線角膜炎という病気。

目が充血して痛くなり、涙が止まらなくなるような症状を現わします。

それを防ぐために
スキー場ではサングラスやゴーグルをかけるわけですね。

そして、白内障という目の病気のリスクも高まります。

目には水晶体というレンズの役割をする部分があります。
強い紫外線によって水晶体が濁ってしまい
視力障害を起こしてしまうのが白内障です。

また翼状片(よくじょうへん)という目の病気も
紫外線の影響が関係しています。

紫外線の刺激により、黒目と白目の境界が傷つき
目の充血や視力の低下
目の中のゴロゴロとした異物感などの症状が見られます。

このような眼の病気のリスクを下げるためにも
紫外線から目を守る必要があるんですね。

紫外線から目を守る方法のまとめ

いかがでしたか?

紫外線による目への影響や
その対処法についてお伝えしました。

肌だけでなく
目の方まで紫外線のダメージを受けてしまうんですね。

屋外でのお仕事やスポーツをされる方は
スキンケア以外にも、目の紫外線対策を忘れないようにしてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事⇒赤ちゃんの紫外線対策ってどうしたらいいの?

関連記事⇒部屋の中でも紫外線の影響はあるのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-ヘルス・ケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱中症の症状

熱中症の症状は長引くのか?何日続く?似てる病気はあるのか?

日本の気候も亜熱帯化してきたせいか 近年では毎年、熱中症のニュースを目にします。 炎天下の屋外だけではなく 自宅やオフィスにいても、熱中症になってしまう人も。 夏の体調管理 常に心掛けていたいものです …

腰痛とストレス

腰痛とストレスの関係|女性こそ対策!寝過ぎも原因に?

慣れない運動や重作業をしたリ デスクワークや車の運転などで発症する腰痛。 スポンサーリンク 原因が思い当たるのであれば、まだいいのですが 思い当たる節のない腰痛だと ちょっと心配になりますよね? まさ …

お風呂

熱中症の症状の時の風呂はOK?夏の風呂も原因?のぼせとどう違うの?

真夏の時期に注意しなければいけない熱中症。 めっきり夏の平均気温も高くなった昨今では 熱中症に注意しなければいけないのはお年寄りだけでなく 元気な子供や若い人たちも同じこと。 特に活発な子供たちは 初 …

パソコン腱鞘炎で腕が痛い

パソコンの腱鞘炎で腕が痛むときは病院でどんな治療を受けるのか?

細やかな手作業を行う人に多い腱鞘炎。 特に女性に多いのですが、作業量が極端に多いと男性にも起こります。 スポンサーリンク 最近では、お仕事でパソコンを使う人に多い「パソコン腱鞘炎」というものが増えてい …

ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎのマッサージの効果!そのやり方とプロ的なコツ

ふくらはぎのマッサージが体にいいと言うけど 実際にどのような効果を期待することができるのでしょう? 体に良くて手軽に短時間でできるのなら ぜひ、日々の習慣に取り入れたいところです。 今回は、ふくらはぎ …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村