日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

冬のお悩み

喪中に年賀状がきたらどうする?寒中見舞いの文例と出す時期

投稿日:

郵便ポスト

お正月、新年の挨拶をメールなどで済ます人が増えている中、年賀状を送る方も多いのではないでしょうか。

しかし、身内に不幸があり、今年は喪中で年賀状を送れない方もいらっしゃるでしょう。

喪中である方は、年が明ける前に喪中はがきを出したり、喪中であることのお知らせをします。

ある程度、親しい人には喪中の連絡もするでしょうが、疎遠になってしまった方には、喪中の連絡はしないですよね。

そんな方から年賀状が届いてしまった!なんてこともあるでしょう。

もしくは、喪中の連絡を忘れてしまった!
そもそも、年賀状って喪中の時に受け取ってもよいの?

そういった場合にはどういった対処をすればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

喪中なのに年賀状がきたらどうする?

年賀状が届いてしまい、どうしたらよいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

年賀状を送ってはいけないのであれば、何を送ったらいいの?
お返事しなくてもいいの?

そんな迷える方に解決策をお伝えします。

喪中の方は年賀状が届いても受け取ってはいけないということはありません。
知らせていなかった方から年賀状が届いてしまうのは当然ですよね。
マナー違反ということもありません。

喪中の場合、お正月のあいだは、返事を出しません。
お正月を過ぎたら寒中見舞いをだしましょう。

寒中見舞いとは、寒い時期に相手の健康を気づかい、お互いの近況を伝える季節の便りです。
松の内(1月7日)を過ぎてから、立春(2月4日)の間に投函します。

また、年賀状の代わりにもなります。
喪中のために、年賀状が出せなかった方にも使え、送る相手が喪中の場合でも使えます。

年賀状は松の内(1月7日)までに出さなければならないので、その期間を過ぎた場合や、年末にお歳暮をいただいた際の礼状として、寒中見舞いを出すことができます。

喪中に出す寒中見舞いの文例

では、喪中だった場合の寒中見舞いはどういった文章を書けばいいのでしょう?

喪中の場合の寒中見舞いは文章に決まったマナーがあるのか?

かしこまった文章は考えるのが難しいですよね。
そんな時は下記を参考にしてみてください!

寒中見舞い申し上げます。

このたびは年始状を頂戴いたしまして、ありがとうございます。

昨年、●月●日(続柄・故人お名前)が他界いたしました。

服喪中でございますために、年始のご挨拶を失礼いたしました。

また、連絡が行き届かず失礼いたしました。

皆様の健康とご多幸お祈り申し上げます。

寒中見舞い申し上げます。

早々にご丁重なご年始状を頂きありがとうございました。

平成●年●月に(続柄・故人お名前)を亡くし服喪中のため、年始のご挨拶を失礼させていただきました。

ご通知が遅れましたことお詫び申し上げます。

ご家族の皆様には、お身体大切にしてくださいますよう、お祈り申し上げます。

寒中見舞い申し上げます。

丁重な年始状を頂きありがとうございます。

昨年●月に(続柄・故人お名前)が●歳にて他界しましたので、年始の挨拶を控えさせていただきました。

ご連絡が遅くなり失礼いたしました。

まだまだ、寒い日が続きますが、風邪などひかれぬようお身体大切にしてくださいませ。

寒中見舞いを書くポイント

・年賀状をいただいたことへの挨拶

・喪中を知らせる内容

・喪中の連絡をしなかったことへのお詫び

・相手を気づかう一文

「明けましておめでとう」や「賀」がつく文や文章などは避けましょう。
また、季節の挨拶は省略しても構いません。

喪中の場合の寒中見舞いのデザイン

派手すぎるデザインは辞めましょう。

白黒でなくてはいけないという決まりはないのですが、さわやかでシンプルなのが良いでしょう。

イラストを使っても構いませんが、文章と同じように、「賀」や「正月」をイメージするようなイラストはやめましょう。


スポンサーリンク

喪中で寒中見舞いを出すならこの時期

年賀状が届き、寒中見舞いはすぐ送っても大丈夫なの??

寒中見舞いを出す時期など決まりはあるのでしょうか?

寒中見舞いは、松の内(1月7日)を過ぎてから、立春(2月4日)の間に出すのが一般的ですが、年賀状をいただいていたり、喪中のお知らせをしていなかった方には、1月7日を過ぎたら、なるべく早めに出したほうが良いでしょう。

喪中に来た年賀状に対応するためのまとめ

年賀状が届いてしまい、喪中である知らせをメールなどで知らせることもできますが、目上の方や、ビジネス関係の方などには難しいですよね。

そういったときに、めんどうだから送らないのではなく、きちんと寒中見舞いを出すのが大人のマナーなのではないでしょうか。

今年喪中の人だけではなく、喪中でない人も、いつか役に立つときがくるかもしれません。

知っていて損のないことだと思いますよ~!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-冬のお悩み
-, ,

執筆者:

関連記事

加湿器の臭い

加湿器のイヤな臭いを掃除する方法|その原因と予防対策

乾燥した冬の季節に大活躍の加湿器。 特に乾燥肌の女性には、湿度の低い室内はつらいもの。 乾燥肌だけでなく、喉や鼻の粘膜が弱い人にとっても、加湿器の機能は非常に助かるものです。 「そろそろ乾燥してきたな …

パソコンで手が冷える

パソコン作業中に手先が冷える時は?カイロを貼る?マッサージする?

真冬の寒いオフィスでパソコン作業中。 指先がかじかんでキーボードやマウスの操作が思うようにできない・・・。 オフィスワークをする冷え性の女性に多い悩みです。 スポンサーリンク もしかしたら、真夏のエア …

ノロウィルス感染症

ノロウィルスの感染から家族を守る!お風呂やトイレは安全か?

今回は 「ツラいノロウィルスのから大切な家族を守る」 をテーマにお話をしていきたいと思います。 僕は昨年、ノロウィルスではありませんが感染性の胃腸炎にかかりました。 いやいや、本当にツラい症状でした・ …

車の静電気

車の静電気をすぐに除去する方法|百均グッズや服でも一工夫!

冬の朝 車に乗り込もうと、ドアに手を触れた瞬間 「バチッ!!」 地味に痛い静電気ですね(笑) 僕は比較的、静電気が発生しやすいタチなんです・・・。 車だけでなく、電車のドアや手すりに触れた瞬間にバチッ …

クリスマスツリー

クリスマスツリーはいつまで出しておく?オーナメントの収納方法なども!

いよいよクリスマスが近づいてきましたね! 街もだんだんとクリスマスムードが漂ってきました。 スポンサーリンク お子さんのために、おうちでもツリーを飾ろうと考えている方もいらっしゃるかと思います。 今回 …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村