日々の暮らしに彩を

日常の何気ない「困った!」を解決しよう

家事のお悩み

ステンレスのやかんをキレイに掃除したい!汚れの原因がつきづらい種類はあるのか?

投稿日:

汚れたやかん

お茶やコーヒーを淹れたり、カップ麺を作ったり
何かと登場回数の多いやかん

何気なく使っているけど、汚れが気なったりしていませんか?

買ったときはピカピカだったのに、
気づけば外側は焦げ付き、中はざらついたり茶色くなったり・・・。

ステンレス製のやかんって安いし種類も豊富で使いやすいけど、
なかなか汚れが取れないんですよね。

今回はそんなやっかいなステンレスのやかん汚れをキレイに掃除する方法をお伝えします!

汚れの原因を理解して、やかんを長持ちさせましょう!

ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

ステンレスのやかんの汚れを簡単に掃除する方法

それではさっそく
ステンレス製のやかんをカンタンに掃除する方法をお伝えします!

外側の汚れのお手入れ方法

焦げ付き汚れ、一生懸命こすってもなかなか取れませんよね。
そんな焦げ付き汚れには重曹が効きます。

重曹はアルカリ性なので、酸化して焦げ付いた酸性の汚れを中和してきれいに汚れを落としてくれるのです。

重曹はスーパーや薬局で手軽に買えますよ。

いろいろ種類があってどれを買うか迷うかと思いますが、使い勝手がよくてコスパがいいので、粉タイプのものがオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

eco friend /重曹 5kg(1kg×5個)/掃除用 国産 ナチュラル原料 粉末
価格:2700円(税込、送料別) (2017/9/28時点)

 

ここで注意!
アルミ製のやかんには、重曹は使用しないでください!

ステンレスと違って、アルミは重曹で黒ずんでしまいます。

ステンレス製のやかんであることを確認してから重曹を使ってくださいね。

【詳しい汚れの落とし方】

①水1ℓに対し大さじ3~4杯ほどの重曹を入れてかきまぜ、重曹水を作る。

②作った重曹水を大きい鍋などに入れ、やかんをそこに一晩つけつけおきする。

③つけることで柔らかく浮いた汚れに重曹の粉をそのままふりかけ
 水気をきった目の細かいタオルで優しく磨く。

それでも落ちなかったら・・・。

①重曹水を大きい鍋で沸騰させる。
(沸騰してから重曹を入れると急に泡立って危険です。
 必ず重曹水を作ってから沸騰させて下さい)

②沸騰した重曹水の中にそのままやかんを入れて5~10分煮る。

③取り出したやかんに重曹の粉をそのままふりかけ、アルミホイルでこする。
(こすりすぎると傷がつく可能性があるので、少しづつこすってください。)

ここまでやればたいていの焦げ付き汚れはきれいになくなりますよ!

内側汚れの落とし方

やかんの中の水アカや茶しぶの汚れも、なかなか取れませんよね。

それに、口に入るものなので、なんとなくそのまま使うのは気持ち悪いですよね。

かといって強力な洗剤を使うのも、体に影響が出ないか心配。

そんな方にオススメなのはクエン酸です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

eco friend/クエン酸 1kg/掃除用 ナチュラル原料 食添グレード 粉末
価格:756円(税込、送料別) (2017/9/28時点)

 

クエン酸とは、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類に含まれる、すっぱい成分です。

なので、口に入っても問題ありません!

クエン酸は酸性なので、水アカや茶しぶのアルカリ性の汚れを中和して、きれいに汚れを落としてくれるのです。

クエン酸もスーパーや薬局で手軽に買えますよ。

ただ、疲労回復用の飲むタイプのクエン酸も売っているので、間違えないように注意してください。

洗浄用の粉タイプのクエン酸を買ってくださいね。

【詳しい汚れの落とし方】

①やかんに水とクエン酸(水約1ℓに対して、クエン酸小さじ1杯程度)を入れて、10分ほど煮立たせる。

②10分程煮立たせたら火をとめ、そのままの状態で一晩置く。

③翌朝、中身を出してスポンジで軽く内部をこすり洗いして、すすぎ洗いをすれば完了!

※やかんの注ぎ口の部分など細かくて洗いにくい場合は、細長いブラシや歯ブラシなどを使ってこすってみてください。

つけおきしてこするだけで簡単にきれいになりますよ!

このアルカリ性と酸性の法則を使えば、他の汚れにも応用できるので、是非他の場所の掃除でも、重曹とクエン酸を使ってみてくださいね!

ステンレスのやかんの汚れの原因は?

悩む主婦

ステンレス製のやかんの汚れ。
その原因は何なのか?

外側の汚れと内側の汚れに分けて解説していきます。

外側の汚れの原因は?

外側の焦げついた汚れの原因は、ただ単にステンレスが焦げついているわけではありません。

実は油汚れが焦げついているのです!

やかんをコンロに置いたまま、横で調理をしたり、コンロについた油がやかんの底に付着したり。

気づかないうちに、やかんには油汚れが付着しています。

そうした油汚れのついたやかんを火にかけることによって酸化し、黒く焦げついてしまうのです。

内側の汚れの原因は?

やかんの中をのぞくと、茶色や白い汚れがたまっていませんか?

触ってみると、ざらざらとしていてこすっても取れませんよね。

この汚れの正体は茶しぶ水アカです。

お茶を作ったりお湯を沸かしたりしているうちに、どうしても自然と付着してしまいます。

スポンサーリンク

ステンレス以外の種類で汚れにくいやかんってあるの?

毎日のように使うやかん。
できれば手間をかけずにキレイに保ちたいですよね?

で、汚れが付きづらいやかんってないのかなぁって探してみたんですが、残念ながら見つかりませんでした・・・。

やっぱり日頃のお手入れが大切ってことですね(^-^;

お手入れを欠かさず大切に使っていれば長持ちもしますしね!

そんなわけで最後に
やかんを長持ちさせるために注意することをお伝えします!

内側は、水が残ったまま放置すると水あかができやすくなってしまいます。

やかんは使い終わったら内部をふいて乾かすだけで、だいぶ水あかがつきにくくなります。

外側は、コンロの上に置きっぱなしにせず、使ったら棚にしまうことによって、油汚れの付着を防ぎます。

コンロに置きっぱなしのほうが便利だなーという方は、焦げつく前に、重曹水を含ませた付近などで定期的にふいてあげてください。

焦げつく前にきれいにすることによって、だいぶ掃除が楽になりますよ!

ステンレスのやかんの掃除に関するまとめ

参考になりましたでしょうか?

普段よく使うものだからこそ、きれいな状態で気持ちよく使いたいですよね。

今回紹介した重曹やクエン酸は、安価なうえ、いろいろな場所の掃除でも使える優れモノなので、是非ゲットしてみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-家事のお悩み
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フライパンのさびを取りたい

フライパンのさびを取りたい!長持ちさせる使い方と替え時の目安

フライパンの素材にもいろいろありますが、「長く使うなら鉄製のフライパン!」とよく言われますよね。 スポンサーリンク 信じて買ってみたはいいものの、少し放置している間に気づけばあちこちにサビが・・・。な …

換気扇の掃除

換気扇の掃除を業者に頼むと値段は?自分でのやり方とオススメの洗剤

年末の大掃除は、いつも掃除しないようなところも徹底的にきれいにしたいですよね? その代表格なのが換気扇です。 こびりついた油汚れはなかなかしつこくて、簡単には太刀打ちできないですよね? 今回は、そんな …

家事に疲れた主婦

主婦が家事に費やす時間は?手抜きできる家電とやる気アップ術

主婦とは 「どんな家事もそつなくこなせる人」 ってイメージを持っている人はたくさんいます。 スポンサーリンク でも実際は、そんなに器用になんでも、早くできるわけじゃありませんよね? 私も、掃除が苦手で …

最近のコメント

    日本ブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村